カテゴリー別アーカイブ: 未分類

【 涙色で塗られたワークシート 】

【 涙色で塗られたワークシート 】





「あの子が、描いたワークシートを見たら、


あまりにも衝撃的で、胸が痛みました・・・。」





「小さい頃は、絵を描くのが好きで、


とくに「ぬり絵」なんて、とっても丁寧に、


明るく色を塗る子だったんです…。」





・・・・・・・・





これは昨年、ある特別講座で、





小学1年生~4年生の約60人へ


松田 純先生と私が担当した、


「まんが教育」の授業が


行われた次の日のことでした。





そこの先生から連絡があり、


判明したお話です。





・・・・・・・・





その先生によると


次の日、学校へ来られたお母様から、


こんな話をされたそうなんです。





「小学2年生の息子が


ランドセルから出したワークシートが・・・。





イラストの線は、ぐしゃぐしゃ、





色は暗い色ばかりで塗られ、





ぬり絵の線や枠からは


色がはみ出している・・・。





小さい頃は、絵を描くのが好きで、


とくに《ぬり絵》なんて


丁寧に明るく色を塗る子だったんです。





それなのに、


今日の「まんが教育」で


ワークシートを見たら、





あまりにも衝撃的で、胸が痛みました・・・。





この子の「ココロの中」で、


いま、一体なにが起きていたのか、





全然気が付きませんでした。





でも、


このワークシートの表現を見て


ようやくわかったんです。





あの子なりに・・・





なにか言いたいのに、


言えなくて辛かったり





なにか傷ついたり


淋しい思いを


しているのかもしれません。





最近、私も忙しくて、





あの子ときちんと向き合ったり、


会話が出来てなかったので


今晩、ゆっくり話をしてみます。」





・・・・・・・・





子どもたちは、時に、





まだ自分の「言葉」や「会話」では


うまく言えないこと、





十分に表現できないことによって、





周囲に伝えるのを


我慢していることもあります。





でも、





絵やイラスト、まんがのセリフには、





好きな色やセリフを使って描きだす中で、





自分を紙に映し出して、


吐き出したり解放出来ることが


沢山あります。





もしかしたら、


その男の子は、





感情の描き方のイラストを通して、


自分の今の気持ちをひとつ、


素直に表現できたのかもしれません。





担当の先生からは、





お母様とその男の子にとって、


まんが教育のワークシートが、





「《ココロの状態》を繋ぐ機会になり


本当によかった」





と、メールをいただきました。





絵をかいたり、


まんがの思考法を手に入れることは、





子どもたちにとって、


新しい「もう一つの言葉」を


手に入れることにもつながります。





言葉や会話では


まだうまく表現できないけれど、





絵を通じてなら、


見えてくるその子たちの「ココロの声」も、


きっとあるのかも知れません。





もし身近に、


子どもさんがいらしたら、





絵を一緒に描いたり、


大好きなまんがやアニメの話を聞きながら、


お互いの共感やつながりを深めて頂くのも


良いかも知れません。





~まんがキャリア教育エピソード☆NO6~


(小学生・地域特別講座(1~4年生)より)





◆◇・・・下記は今後のスケジュール・・・◇◆





●2017年9月23日(土)10時~12時30分





「まんが教育・グループカウンセリング」


(愛知県名古屋市)


http://manga-kyoiku.com/?page_id=1289





●2017年9月23日(土)14時~17時





「イラスト思考・海外出版記念講演会&ワークショップ」


(愛知県名古屋市)


河尻 光晴さん主催


※小学2年生以上で親子参加も可能です


https://www.event-form.jp/event/2016/8Mr3BSZV1LeD





●2017年10月1日(日) 10時~18時30分





『イラスト思考 BASIC プレミアム講座』


(東京・表参道)


https://peraichi.com/landing_pages/view/illustthink


【はちろう、久しぶりの更新です★】

【はちろう、久しぶりの更新です★】


お待たせしました(*^▽^*)





「ネコのはちろう」くんの


《楽画記(らくがき)まんが》


3カ月ぶりに更新です!!!





今回は第1部の最終話。





1話~最後まで、繋げて読むと、


「はちろう」のお調子者っぷりが


可愛いです☆





▼スマホでスイスイ読める!


《楽画記まんが》ネコのはちろう





★第1話から続けて読むのはコチラ★


http://hachipro.net/2017/02/12/no1toujyo/





★前回までの内容を覚えている方はコチラ★


http://hachipro.net/2017/09/15/no15toujyo/


【大人は無意識に話しているとしても…】

【大人は無意識に話しているとしても…】





「うちの孫は、消極的だし、


何にも発言しないかもです。





ほーんと、大人しくて・・・。


スミマセンがよろしくお願いします。」





と、何度も、何度も言って





私たちの講座の会場へ


お子様を預けた、おじいさま。





果たして、本当に


そうなのでしょうか?





ーーーーーーーーーーーー





毎年夏休みに開催されている


「子ども まんが教育 講座」でのこと。





会場のホールには、


いろんな学校から集まった、


1年生~4年生が53人。





この講座には、


親御さんの付き添いは入れません。





「うちの子、大丈夫かしら?」


と、心配そうにする親御さんもいれば、





「じゃ、よろしくお願いします」


と、あっさりと出て行かれる親御さん、





また、子どもの授業の準備を


全部手伝う親御さん、、、





本当にいろいろな方がいらっしゃいます。





そんな中、





「うちの孫は、消極的だし、


何にも発言しないかもです。


ほーんと、大人しい男の子で・・・。





小学2年生なんです。


スミマセンがよろしくお願いします。」





と、何度も何度も私に言って 、





私たちの講座の会場へ


お子様を預けた、おじいさまが


いらっしゃいました。





あまりにも、





何度も何度も仰ったので





その2年生の男の子を


見守っておりました。





・・・・・・





ところが!!





その男の子。


全くそんなことはありません。





純先生「じゃ、このキャラクターわかる人?」





の質問に、





たくさんの子が手をあげる中、





その子もあげているんです。





事情を知らない純先生は、


たまたま、その子を当ててしまいました。





ですが、





スクっと立ち上がり、





男の子「ロボニャンです」と





大きな声で答えるではありませんか!





さらには、





途中のワークで、マンガの本を


忘れてしまった子がいて、





わたし「誰か、マンガの本を2冊持っていたら


貸してくれないかな?」





と、53人に向かって声を掛けた時、





男の子「ボクの貸してあげるよ!!」と





その子が手を挙げたのです。





・・・・・・・





90分の講座が終わり、


おじいさまがお迎えにいらっしゃいました。





今日の様子を伝えたら、





「ええええ!!そんな・・・そんなことが!」





と驚いていました。





・・・・・・





私たちは思うのです。





もし、周りの大人が





「この子は消極的で、何にも発言しない子」と





レッテルを貼ってしまったら、





もし、その子の前で


「うちの子は消極的で恥ずかしがり屋なんで・・・」と 誰かに話していたら、





それを繰り返し聞いた子は、





「そっか、ボクって消極的で恥ずかしがりなんだ」と





無意識のうちに演じ始めてしまいます。





本当の個性は違うかもしれないのに、





大人の勝手な思い込みが、


子どもたちへ「思いこみ」を与えてしまう。





私もはじめ、





「消極的だし、何にも発言しない大人しい子」と


聞いてしまったから、





最初は、そう思って見守っていたのです。





思いこみや、先入観が、


子どもたちに与える影響は、





彼らが大人になった時のことを考えると、


正直、計り知れないものがあると感じます。





子どもたちは、日頃から、





大人の言うことをよく聞いていて、


それを無意識のうちにマネをします。





言葉遣いや、しぐさが、


親御さんにだんだんと似てくるのは、





よくあることだと思います。





普段、何気なく使っている「会話」 。





そこには、私たち大人自身の、


会話を生み出す、


無意識の「イメージや思考」が


反映されています。





知らず知らずのうちに使っている


「会話」と「イメージや思考」が、





子どもたちの考え方やセルフイメージに、





彼らの思いこみや可能性に、





どんな影響を与えているのか、





ほんの少しだけ、意識してみるのも、


良いのかも知れません。





私自身も改めて考える機会に


なりました。





~まんがキャリア教育エピソード☆NO4~


(夏休み「子ども まんが教育 特別講座(1~4年生)より)





◆◇・・・下記は今後のスケジュール・・・◇◆





●2017年9月23日(土)10時~12時30分





「まんが教育・グループカウンセリング」


(愛知県名古屋市)


http://manga-kyoiku.com/?page_id=1289





●2017年9月23日(土)14時~17時





「イラスト思考・海外出版記念講演会&ワークショップ」(愛知県名古屋市)


河尻 光晴さん主催





※小学2年生以上で親子参加も可能です


https://www.event-form.jp/event/2016/8Mr3BSZV1LeD





●2017年10月1日(日) 10時~18時30分





『イラスト思考 BASIC プレミアム講座』


(東京・表参道 ㈱ALMACREATIONS )


https://peraichi.com/landing_pages/view/illustthink


【ズンバを体験してきました☆】

【ズンバを体験してきました☆】


「楽しいし身体も鍛えられるし良いよ~!」と、勧められて体験に行き、





まず、わかったことは、





・・・・・・





ズンバは





「ZUNBA」でなくて





「ZUMBA]というスペルだったこと(*´∀`)♪





↑↑↑そこかーーっw!!





ダンスは、こんなに楽しいのに


なんでこんなに汗が出るのだろうっと思うくらいの運動量で、





すっごく気持ちが良かったです☆





ラテン系の曲に合わせて


全員で同じ踊りをするのですが





途中でハイタッチしたり、


笑い合ったり、





本当に楽しくて


毎日でも踊りたいくらい


やみつきになりそうです(*^ ^)





ZUMBAを知らない方は


参考までに


コチラの画像をどうぞ★





https://www.youtube.com/watch?v=FIaLAlBSEa0&list=PLyrH-6MdpUsSPiUMo_SbB64bqIQTtilLd





☆今日の楽画記(ラクガキ)☆


ズンバの女性の先生が


カッコよかったので


キャラクターと一緒に


描いてみました*\(^o^)/*


【1時間で最大1,000キロカロリーの燃焼!?】

【1時間で最大1,000キロカロリーの燃焼!?】


ここ15年ほど、全く運動をしていない私。





さすがに、体力がなくなり、


だんだん太りやすくなってきたのを感じるこの頃・・・。





とてもスタイルが良く、いつも元気な


石原 由美さんから「ZUNBA」(ズンバ)という、とても楽しいダンスの話を聞いて・・・





意を決して、運動を決意!!





明日「ZUNBA」の体験レッスンに申し込んでみました(*´∀`)♪





学生時代は器械体操やら、バトンやら


踊ることが大好きだったのですが、





ブランクがありすぎて、


ついていけるか心配です~~(汗)





でも、「ZUNBA」のことを


調べてみたら、





ラテンのリズムにのりながら


パーティのような雰囲気を楽しむだけで、どんどん脂肪燃焼でき、





1時間で最大1,000キロカロリーも


燃焼が見込める効率が良いダンスだそう!!





楽しく踊りながら健康維持ができるのは、私に合っていて良いかも~☆





初日の結果は、また明日。。。ドキドキ…





・・・・・・・





☆今日の楽画記(ラクガキ)☆





棒人間&ワンパックマン


【「経営が10年続いたら、初めて自分を褒めたい!」】

【「経営が10年続いたら、初めて自分を褒めたい!」】





この言葉は、


先週、高校時代の同窓会があり、


卒業以来再会した


高見亜紀ちゃんの言葉。。。





自分が働いていたラーメン屋さんが


経営をやめてしまう危機にあった時、





「私がお店を引き継いで経営したい!」





と、奮起したのが約10年前のこと。





昨日、所用で地元へ戻ったので、


『あきちゃんのお店へ是非行きたい!』と


母と一緒に行ってきました~(*^ ^)





私が食べたのは、とんこつ醤油ベースの「黒とんこつラーメン!」


香ばしい香りのスープはコクがあり


麺もモチモチで美味しかった~♪





母は「梅しゃぶ冷やし中華」を注文。さっぱりとした味付けが


とても好みだったそうで





「このお店、今度はお友達連れてくるわ~*\(^o^)/*」と、大満足の様子。





手作りのジャンボ餃子も


にんにくが効いていてジューシー!


夏バテ予防に最適です☆





あきちゃんの明るい笑顔と優しい接客で、地元の常連客に愛される素敵なお店だなーと、とってもあたたかい気持ちをいただいて帰りました!





あきちゃんが


「経営が10年続いたら、初めて自分を褒めたい!」と


その思いで続けた10年が、


今年の10月31日だそう。





ほとんど休みなく、


元気にお店に立ち続け


守り続けたことを思うと、





本当にすごいことを成し遂げようとしているなぁと


あきちゃんを誇りに思います。





もし、お近くに来た時には


美味しいラーメンと餃子を食べに・・・


あきちゃんの笑顔に会いに


行ってみてくださいね☆





元気をもらって帰れるお店ですよ~!!





☆猿喜(えんき)☆


↓↓↓


http://www.enki-s.com/


【ダイエットを続けるコツ!】

【ダイエットを続けるコツ!】


本日フジテレビの番組に、


著者でメンタルダイエットコーチの


小林一行先生が生出演されていました!(*^ ^)





「満腹になるまで食べることでの満足」に


フォーカスするのではなく・・・





「美味しいモノを味わうことでの満足」に


フォーカスを変えていくと


自然と食べる量が減っていく、という話に、





「おお~~!!そうだったのか!!」と、テレビの前で思わず呟いていましたw





今晩、チャーハンを作りましたが、


量を少なくして


「美味しい、美味しい~(*^ ^)」と


食べていたら・・・





確かに!!


食べる量が減り、


さらに、満足度が上がりました!!





「満腹感よりも『味わう』ことへ、マインドチェンジ!」





好きな食べ物をあきらめずに


楽しく健康維持できる秘訣に


なりそうです(*^▽^*)





※今日の楽画記(ラクガキ)は


☆ネコさんたちの夕食★