月別アーカイブ: 2016年10月

【いつから始めても、何歳から始めて、OK!】

【いつから始めても、何歳から始めて、OK!】

趣味で続けている、ZUMBAのダンスレッスン。
『今日は、ハロウィンの仮装できてねー☆』と指令が出て、小悪魔さんに、なりきってきました(≧∇≦)
私のクラスには、60歳からダンスを始め、13年。現在73歳の方がいらっしゃいます。
年齢を全く気にせずに
いつでも若々しく、
好きなことを好きなだけ
楽しめるって素晴らしいですね。
楽しそうに踊る姿を見るたびに、
「やりたい」と思ったことを、いつから始めても、何歳から始めても、OKなんだよね、って、思います。
私も「永遠の28歳ですー(*^ ^)」と、言い続けて、
●●年。(永遠の28歳、●●周年!?)
いつまでも、
気持ちも身体も若々しく~~!(*^_^*)

【ひらがなを描けるようになるのと、同じ感覚!】

【ひらがなを描けるようになるのと、同じ感覚!】
『うーーーーーん。・・・これは、いい授業だった・・・。』と、小学2年生の女子生徒。
『今日の「まんが教育の授業」は、どうでしたか~?』という松田 純先生の質問に、
唸り声をあげながら、上から目線ぽく、感想を言った、可愛い生徒さんがいたそうで。。。(*^^*)、
この声を聞いていた担任の先生や、
授業を見にきていた教頭先生も、大笑い(≧∇≦)。

子どもたちの声は、素直で可愛いですね☆
・・・・・・
よく、
「絶対にイラストなんて描けないと思う・・・。」
「絵ごころ無いし、才能無いし・・・。」
よく、受講前のみなさん、仰います。もちろん、子どもたちの中にも。
そうですよね、今まで描けなかったのに、
描けるようになると言われても、、、。
とてもよーく、わかります。
でも、少し考えてみてください。
小学校に入学する頃、
「あ」という平仮名を、
すぐにスラスラ描けましたか?
きっと、書く順番を習い、
お手本を見ながら、何度も練習して、
「あ」を描けるようになったと思います。
ひと文字ずつ、描けるようになった後で、
「うみ」とか、「やま」とか、
「ありがとう」と、いう風に、
段々と上達しながら、書いていったのではないでしょうか。
イラストも同じです。
イラストを描くことにも、
「基本的な手順」と「思考法」があるのです。
ちなみに、
小学校の時に、
「イラストの授業」ってありましたか?
多分ほとんどの方が、
無かったのでは、と思います。
ですので、
「やり方を知らなかった」という今の時点では、
描けないのは当然のこと。
だから、
絵ごころがない、とか
才能がない、とか、
「勝手に自分でルールを決めないでくださいね。」と、松田先生は仰います。
もし、少し学んだことがあるけど
それでも描けなかった場合は、
「下描き」の前に、 必ずやったほうがいい、
ある大切な要素が抜けているのかもしれません。
もちろん、書き方や手順は大切ですが、
「どのようにイラストが描けるようになるのか?」
「描く前のマインドセット」等、
脳の使い方・思考法を
一緒に学習していくのが大切なのです。
子どもたちにも
「下書き」の前に大切なポイントを伝えると
スラスラ描きはじめます。
詳細は、常にリニューアルをし続ける、
先生の「イラスト思考講座」でお伝えしています。
◇◆◇・・・・・・◇◆◇
たった1日で「脳」の使い方が変わり、仕事力がアップする!
《イラスト思考》BASICプレミアム講座
▼お申し込みはコチラ! 神戸開催 11月5日(土)
https://peraichi.com/landing_pages/view/illustthink
▼再受講の方はコチラ!
http://www.almacreations.jp/seminar/semdetail.html?mode=view&pmid=3247&semno=3

【絵1枚の情報量を御存じですか?】

【絵1枚の情報量を御存じですか?】
最近、ある企業の経営者様から、
「この営業資料をもっとわかりやすくしたい!」と、御相談いただきました。
その大量の資料には、文章のみ内容と、ほんの少しのグラフ。。。
これでは、とても読みづらいだろうなぁ。。。と思い、絵と図でもっと、こういう風にできますよ。とアドバイスして、資料全体を大改造!!
「これならわかりやすい!」と、一発OKをいただきました。

・・・・・・・
学校の教科書でも、仕事の資料でも、
文字ばかりの資料を見せられて、
うんざりした経験ってありますよね。
「もっとわかりやすい図や絵があればいいのに・・・」
文章だけでは、なかなか読み進められず、情報が頭に入ってこない。
実は、「文章」と、「図やイラスト」では、
相手に伝わる情報量と効率が、全く違うのです。
文字であれば、1分間に平均300字と言われています。原稿用紙だと1枚弱程度でしょう。
一方、「図やイラスト」であれば、
見せるだけで「一瞬」で伝わるので、
一説によると、
10秒間で平均2000字分ほどの情報量を
伝えることができるといわれています。
これは原稿用紙に例えると、5枚分にもなります。
つまり、
文字だけで説明するよりも、
すぐに見て分かる「図」や「イラスト」は、
スピーディに相手の頭に訴え、
確実に印象を与える威力があるのです。
もし、会社の資料やマニュアルが、
文字ばかりで書かれていたとしたら、
読むのになかなか苦労すると思いませんか?
その中に、シンプルなイラストが入り、
ちょっとしたストーリーがあって、楽しく読めるとしたら、
読む人の気持ちを一瞬で引き込んで、
あなたが伝えたいメッセージが、スムーズに、
相手に伝わることは間違いありません。
「図やイラスト」は、
見てすぐに理解できる利点があり、
自分と相手との共有認識が生まれ、
何度も説明をしなくてもわかりあえるのです。
さらに、私たちは普段、
計算や論理的な思考を得意とする「左脳」を優位に使っていて、イメージや直感的な「右脳」をほとんど使っていません。
そこで、
図やイラストを描けるようになると、
左脳と右脳のバランスが取れて、
イメージが浮かびやすくなり、
今までにない新しいやり方や、
具体的なアイデアが降りてくることが
増えていきます。
なので、
イマイチわかりにくい資料を、
絵や図に置き換えて示してみたり、
簡単な楽画記(ラクガキ)を楽しみながら、
物事を考えてみることをお薦めします(*^ ^)!!
・・・・・・
もし、
「描けなくてイライラする…」
「思い通りにならなくてつまらない…」
このように、あきらめているならば、
▼「描けて伝わる喜び」を体験できる
▼イメージを描き「お客様とのズレ」を無くせる
▼イラストを使った会議で
場を活性化させ、スムーズに終わるようになる
たった1日で能の使い方が変わり、仕事力がアップする、松田 純先生の「イラスト思考講座」で詳細をお伝えしています。

◇◆◇・・・・・・・・・◆◇◆
たった1日で「脳」の使い方が変わり、仕事力がアップする!
《イラスト思考》BASICプレミアム講座
▼お申し込みはコチラ! 神戸開催 11月5日(土)
https://peraichi.com/landing_pages/view/illustthink
▼内容が常にリニューアル!
再受講の方はコチラ! 2名 参加費13,500円 (税込)
http://www.almacreations.jp/seminar/semdetail.html?mode=view&pmid=3247&semno=3
◇◆◇・・・・・・・・・◆◇◆
☆イラストは、ネコの「はちろう」くん。
先日の社長さんとの出来事を楽画記(ラクガキ)で纏めました(*^^*)

【久しぶりの楽画記(ラクガキ)】

【久しぶりの楽画記(ラクガキ)】
ちょっと息抜きに楽画記(ラクガキ)しました。
描いてる時の、心地良い集中時間は、気持ちがいいです(*^^*)
最近、お会いする方によく、
「ネコのはちろうくんのスタンプは、いつ出るのでしょうか?(*^^*)」と気にかけていただき、とても嬉しいです☆もう少しお待ちくださいー!!m(_ _)m

☆ハロウィンで仮装している、はちろう☆
お菓子を貰って喜んでいるご様子。。。

3人が出会ったのは、約1年半前。

3人が出会ったのは、約1年半前。
それは、「エンパシーライティング講座」でした。
私とたまたま、同じテーブルだったのが、
音楽プロデューサーの児玉 洋子社長。
中野巧先生のアシスタントとして来ていたのが
コーチの平出 ももこ先生です。
講座の終わった後も、
ずっと仲良くしていただき、
取材でお会いしたり、
食事をしながら近況報告や、
情報交換など・・・(*^^*)
いつもいつもお会いするたびに、
楽しい時間を過ごさせてくれる、
素敵な2人の女性。
日本だけに留まらず、
世界でご活躍するお二人の姿と、
素晴らしい経験、情報は、
とてもとても学びになり、
励みになります。
今日は、とても久しぶりの再会で、
サプライズが!(≧∇≦)
お二人から、
結婚の御祝をしていただきました(*^ ^)
美味しいお料理と、
日本の文化が詰まった
あたたかい贈り物に
感動しました。
ありがとうございます!!!
☆追伸☆
中野先生や平出先生の元、これを学んで仕事上の文章作成が上手になりました☆
~結果と共感を生み出す文章作成フレームワーク~
「エンパシーライティング・メソッド」については、コチラ

https://www.empathywriting.com/ewm/

【心があたたまる出来事☆】

【心があたたまる出来事☆】
小学校2年生の「まんが教育」授業の休み時間。
黒板に「ネコの絵を描いてみようか?」と、
言ったら、あっという間に生徒たちが
黒板の前に大集合(^◇^;)!!!
そんな時に、ある男の子がこんなことを言いました。
・・・・・・
男の子「黒板に絵をひとつ描いた子は、次の子にチョークを渡してあげると良いよ!そしたら、たくさんの子が描けるもんね(*^^*)」
わたし「おお!いい気づきだね。じゃあ、誰か、ひとつ描き終わった子に、チョークを貸してもらおうか?」
男の子「ううん。ボクは、いいの。みんなが描ければさ☆」
わたし「じゃあ、、、さっき授業で描いた絵を見せてくれる?くんの絵を見たいなあ」
男の子「うん(≧∇≦)!!いいよ!こっち!」
とても上手に描けた、絵を見せてくれました。
・・・・・・
描きたい気持ちは、みんなある。
でもチョークの数は、限られている。
それに気がついて、
お友達のみんなへ、アドバイスが言える男の子。
今日は小学校2年生のお友達と
自分の気持ちを絵で表現する「気持ちマップ」を作り、「気持ち」についてを考える授業でしたが、
私自身も、この休み時間の光景から
「あったかい気持ち」を受け取りました(*^^*)
お互いに思いあえる、学びあえる、優しい心を育む、素敵な小学校です(*^_^*)
☆埼玉県桶川市の
髙田 ひろみ教頭先生の小学校
「まんが教育」授業にて☆

「ハワイや都内にあるような、本格的でこだわりのあるバーガーが…

「ハワイや都内にあるような、本格的でこだわりのあるバーガーが食べたい(≧∇≦)」と、
思ったら、、、家の近くの住宅街に素敵なバーガーショップを発見!!!!今年の4月に八王子でオープンしたそうで気がつかなかったなぁ☆

レモンビール&特製チリバーガーを食べ、お昼寝もして、今日はゆっくり充電できました(*^^*)
自転車で行ける距離なので、また遊びに行こう
ところで、レモンビールって、めっちゃ美味しいですね!!さっぱりした甘みに、ハマりそう~(≧∇≦)

【茨城県にも広がる「まんが教育」】

【茨城県にも広がる「まんが教育」】
昨日と今日。2日間の連続講座を終え、その後、茨城県の小学校の素敵な先生、峰岸 巧先生との打ち合わせ(*^^*)。
・「まんが教育」の授業構成
・「禅の体験(坐禅)」の校外授業
のお話。
「まんが教育」のインストラクター資格を持つ峰岸先生の担当の学年が3年生。
子どもたちへのどんな授業内容が良いか?
どんなアプローチで坐禅の体験が良いか?
松田 純先生のアイデアや、授業の話を聞いているだけで、ワクワクします☆(≧∇≦)
今日は大きな学校行事がありヘトヘトな状態でも、子どもたちのために、と、こんな遅い時間まで都内へ出て行動する姿に頭が下がりますm(_ _)m
最近、いろんな先生方とご一緒させていただきますが、先生方の「子どもたちへの思いや行動」が素晴らしく、私たち自身も深く深く学ばせていただいてます。
講座でも、学校でも、お客様や先生方、子どもたちとの、1人1人との出会いからの学びに感謝します(*^^*)。