【感動の時間☆no1208]】

【感動の時間☆no1208]】

「この人みたいに映画を作り続ける!」と宮崎駿監督の写真を貼った男の子。



最近引退した憧れの野球選手と『感謝』という言葉を貼り、

「こんな引退試合をしたいなぁ」と書いた男の子。



「シンガポールに会社を建てる」と綺麗な風景の写真を持ってきた女の子。



船橋市立南本町小学校での望月俊孝先生の講演会&宝地図制作授業にて。



子どもたち描いたの「ひとつひとつの夢や言葉」に、感動の時間が流れました。



夢を持つって素晴らしいことですよね!!



・・・・・・・・・・・・



9月~11月まで小学校での『まんが教育×宝地図プロジェクト(全7回)』が行われています(*^_^*)



「まんが教育」とは・・・

まんがやイラストをつかった親しみやすい切り口から、子どもたち一人一人が自分のユニークな可能性や「才能」(ギフト)を見つけ、それを軸に、生きる力を伸ばし、自分にあった形で能力を組織していくことができるような、学びと気づきのプログラム。



子どもたちは松田 純先生が構成した「まんが教育」の授業を終えて、



『自分自身を掘り下げて見つけた夢』を



望月先生の素晴らしいナビゲートで『夢を叶える宝地図』へと結晶化していきました。



11月29日(土)には、親御さんにお披露目する「学習発表会」。

完成した宝地図がズラリと教室に並ぶのが楽しみです!



望月俊孝先生

神戸 加織さん

鶴岡 純子さん

関根 貴代美さん

Toshimi Hishinumaさん



本日はありがとうございました。



☆今までの「まんが教育×宝地図プロジェクト」はコチラにまとめています☆

http://ameblo.jp/tukibue/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>