【 涙色で塗られたワークシート 】

【 涙色で塗られたワークシート 】





「あの子が、描いたワークシートを見たら、


あまりにも衝撃的で、胸が痛みました・・・。」





「小さい頃は、絵を描くのが好きで、


とくに「ぬり絵」なんて、とっても丁寧に、


明るく色を塗る子だったんです…。」





・・・・・・・・





これは昨年、ある特別講座で、





小学1年生~4年生の約60人へ


松田 純先生と私が担当した、


「まんが教育」の授業が


行われた次の日のことでした。





そこの先生から連絡があり、


判明したお話です。





・・・・・・・・





その先生によると


次の日、学校へ来られたお母様から、


こんな話をされたそうなんです。





「小学2年生の息子が


ランドセルから出したワークシートが・・・。





イラストの線は、ぐしゃぐしゃ、





色は暗い色ばかりで塗られ、





ぬり絵の線や枠からは


色がはみ出している・・・。





小さい頃は、絵を描くのが好きで、


とくに《ぬり絵》なんて


丁寧に明るく色を塗る子だったんです。





それなのに、


今日の「まんが教育」で


ワークシートを見たら、





あまりにも衝撃的で、胸が痛みました・・・。





この子の「ココロの中」で、


いま、一体なにが起きていたのか、





全然気が付きませんでした。





でも、


このワークシートの表現を見て


ようやくわかったんです。





あの子なりに・・・





なにか言いたいのに、


言えなくて辛かったり





なにか傷ついたり


淋しい思いを


しているのかもしれません。





最近、私も忙しくて、





あの子ときちんと向き合ったり、


会話が出来てなかったので


今晩、ゆっくり話をしてみます。」





・・・・・・・・





子どもたちは、時に、





まだ自分の「言葉」や「会話」では


うまく言えないこと、





十分に表現できないことによって、





周囲に伝えるのを


我慢していることもあります。





でも、





絵やイラスト、まんがのセリフには、





好きな色やセリフを使って描きだす中で、





自分を紙に映し出して、


吐き出したり解放出来ることが


沢山あります。





もしかしたら、


その男の子は、





感情の描き方のイラストを通して、


自分の今の気持ちをひとつ、


素直に表現できたのかもしれません。





担当の先生からは、





お母様とその男の子にとって、


まんが教育のワークシートが、





「《ココロの状態》を繋ぐ機会になり


本当によかった」





と、メールをいただきました。





絵をかいたり、


まんがの思考法を手に入れることは、





子どもたちにとって、


新しい「もう一つの言葉」を


手に入れることにもつながります。





言葉や会話では


まだうまく表現できないけれど、





絵を通じてなら、


見えてくるその子たちの「ココロの声」も、


きっとあるのかも知れません。





もし身近に、


子どもさんがいらしたら、





絵を一緒に描いたり、


大好きなまんがやアニメの話を聞きながら、


お互いの共感やつながりを深めて頂くのも


良いかも知れません。





~まんがキャリア教育エピソード☆NO6~


(小学生・地域特別講座(1~4年生)より)





◆◇・・・下記は今後のスケジュール・・・◇◆





●2017年9月23日(土)10時~12時30分





「まんが教育・グループカウンセリング」


(愛知県名古屋市)


http://manga-kyoiku.com/?page_id=1289





●2017年9月23日(土)14時~17時





「イラスト思考・海外出版記念講演会&ワークショップ」


(愛知県名古屋市)


河尻 光晴さん主催


※小学2年生以上で親子参加も可能です


https://www.event-form.jp/event/2016/8Mr3BSZV1LeD





●2017年10月1日(日) 10時~18時30分





『イラスト思考 BASIC プレミアム講座』


(東京・表参道)


https://peraichi.com/landing_pages/view/illustthink


【はちろう、久しぶりの更新です★】

【はちろう、久しぶりの更新です★】


お待たせしました(*^▽^*)





「ネコのはちろう」くんの


《楽画記(らくがき)まんが》


3カ月ぶりに更新です!!!





今回は第1部の最終話。





1話~最後まで、繋げて読むと、


「はちろう」のお調子者っぷりが


可愛いです☆





▼スマホでスイスイ読める!


《楽画記まんが》ネコのはちろう





★第1話から続けて読むのはコチラ★


http://hachipro.net/2017/02/12/no1toujyo/





★前回までの内容を覚えている方はコチラ★


http://hachipro.net/2017/09/15/no15toujyo/


【大人は無意識に話しているとしても…】

【大人は無意識に話しているとしても…】





「うちの孫は、消極的だし、


何にも発言しないかもです。





ほーんと、大人しくて・・・。


スミマセンがよろしくお願いします。」





と、何度も、何度も言って





私たちの講座の会場へ


お子様を預けた、おじいさま。





果たして、本当に


そうなのでしょうか?





ーーーーーーーーーーーー





毎年夏休みに開催されている


「子ども まんが教育 講座」でのこと。





会場のホールには、


いろんな学校から集まった、


1年生~4年生が53人。





この講座には、


親御さんの付き添いは入れません。





「うちの子、大丈夫かしら?」


と、心配そうにする親御さんもいれば、





「じゃ、よろしくお願いします」


と、あっさりと出て行かれる親御さん、





また、子どもの授業の準備を


全部手伝う親御さん、、、





本当にいろいろな方がいらっしゃいます。





そんな中、





「うちの孫は、消極的だし、


何にも発言しないかもです。


ほーんと、大人しい男の子で・・・。





小学2年生なんです。


スミマセンがよろしくお願いします。」





と、何度も何度も私に言って 、





私たちの講座の会場へ


お子様を預けた、おじいさまが


いらっしゃいました。





あまりにも、





何度も何度も仰ったので





その2年生の男の子を


見守っておりました。





・・・・・・





ところが!!





その男の子。


全くそんなことはありません。





純先生「じゃ、このキャラクターわかる人?」





の質問に、





たくさんの子が手をあげる中、





その子もあげているんです。





事情を知らない純先生は、


たまたま、その子を当ててしまいました。





ですが、





スクっと立ち上がり、





男の子「ロボニャンです」と





大きな声で答えるではありませんか!





さらには、





途中のワークで、マンガの本を


忘れてしまった子がいて、





わたし「誰か、マンガの本を2冊持っていたら


貸してくれないかな?」





と、53人に向かって声を掛けた時、





男の子「ボクの貸してあげるよ!!」と





その子が手を挙げたのです。





・・・・・・・





90分の講座が終わり、


おじいさまがお迎えにいらっしゃいました。





今日の様子を伝えたら、





「ええええ!!そんな・・・そんなことが!」





と驚いていました。





・・・・・・





私たちは思うのです。





もし、周りの大人が





「この子は消極的で、何にも発言しない子」と





レッテルを貼ってしまったら、





もし、その子の前で


「うちの子は消極的で恥ずかしがり屋なんで・・・」と 誰かに話していたら、





それを繰り返し聞いた子は、





「そっか、ボクって消極的で恥ずかしがりなんだ」と





無意識のうちに演じ始めてしまいます。





本当の個性は違うかもしれないのに、





大人の勝手な思い込みが、


子どもたちへ「思いこみ」を与えてしまう。





私もはじめ、





「消極的だし、何にも発言しない大人しい子」と


聞いてしまったから、





最初は、そう思って見守っていたのです。





思いこみや、先入観が、


子どもたちに与える影響は、





彼らが大人になった時のことを考えると、


正直、計り知れないものがあると感じます。





子どもたちは、日頃から、





大人の言うことをよく聞いていて、


それを無意識のうちにマネをします。





言葉遣いや、しぐさが、


親御さんにだんだんと似てくるのは、





よくあることだと思います。





普段、何気なく使っている「会話」 。





そこには、私たち大人自身の、


会話を生み出す、


無意識の「イメージや思考」が


反映されています。





知らず知らずのうちに使っている


「会話」と「イメージや思考」が、





子どもたちの考え方やセルフイメージに、





彼らの思いこみや可能性に、





どんな影響を与えているのか、





ほんの少しだけ、意識してみるのも、


良いのかも知れません。





私自身も改めて考える機会に


なりました。





~まんがキャリア教育エピソード☆NO4~


(夏休み「子ども まんが教育 特別講座(1~4年生)より)





◆◇・・・下記は今後のスケジュール・・・◇◆





●2017年9月23日(土)10時~12時30分





「まんが教育・グループカウンセリング」


(愛知県名古屋市)


http://manga-kyoiku.com/?page_id=1289





●2017年9月23日(土)14時~17時





「イラスト思考・海外出版記念講演会&ワークショップ」(愛知県名古屋市)


河尻 光晴さん主催





※小学2年生以上で親子参加も可能です


https://www.event-form.jp/event/2016/8Mr3BSZV1LeD





●2017年10月1日(日) 10時~18時30分





『イラスト思考 BASIC プレミアム講座』


(東京・表参道 ㈱ALMACREATIONS )


https://peraichi.com/landing_pages/view/illustthink


今日は、イラストマーケティングの

今日は、イラストマーケティングの
個人コンサル日。
中田 さおりさんの、才能や可能性をますます開き
イラストを使った展開のサポート、
活躍の場を広げます(**)
お客様への納品前のため、
まだ公開できませんが、
マーケティング要素を取り入れた
イラストの広告が、2つ完成ー!!
子育てをしながら、ここ数週間で、
素晴らしい作品を描きあげた彼女に
大きな大きな拍手です(*^^*)
完成おめでとうございます!!

【ある公立小学校の6年生主任の先生より~】

【ある公立小学校の6年生主任の先生より~】
『「なんのために働くのか?」
「誰のために何をするのか?」
  ということを考える、素晴らしい授業だった!』
7月6日、7日に行った、
島根県のある公立小学校での
松田 純先生との「まんが教育特別授業」。
※初めて「まんが教育」を体験した、
6年生の学年主任の先生から
素敵な感想が届いたので
許可をいただき、ご紹介させていただきます。
・・・・・・
『木曜日・金曜日と《まんか教育》という、「キャリア教育」の授業を受けた。
児童だけでなく、教員である私も
「感動する漫画」を考えることを通して、仕事観や職業観を新たにして、とても感動を覚えた。
単にどの職業を選ぶというような
キャリア教育ではなく、
シンギュラリティという、
人口知能の総和が人間の知能の総和を追い越すのは、
2045年とも2018年とも言われ、
正確で仕事を厭わないというだけでは、
AIの方が上という時代に、
「なんのために働くのか?」
「誰のために何をするのか?」
ということを考える、素晴らしい授業だった。』
・・・・・・
今回、島根県に招致してくださった
藤井和子先生からも、
『単なる「キャリア教育」ではなく、
人間性の教育だという理解、
まんが教育の本質を理解していただけたと感じました。』
と、言っていただきました。
「まんが教育」のプログラムを通じて、
沢山の子どもたちと一緒に、
一人一人の個性や才能を楽しく見える化しながら、
それらを先生方と一緒に応援できるような
《キャリア教育》をご一緒できて良かったです(*^ ^)
7つの習慣小学校実践記の渡邉尚久先生からも応援いただいている「まんが教育(キャリア教育)」。
ますます全国へ広がります!
・・・・・・・・
~「まんが教育」今後のスケジュール~
《夢を叶える「まんが教育」親子ワークショップ》
◎2017年8月5日(土)長野県佐久市
Lafしなやか塾 くるみさわしずえ様 主催
https://www.facebook.com/events/118401968776977/
・・・・・・・・・・
《夢を叶える・キャリア教育セミナー》
~まんが教育と宝地図で実現力を育む~
※望月俊孝先生、渡邉尚久先生との
コラボセミナーです
◎2017年8月21日(月)愛知県名古屋市
宗宮 純子様 ・岸 由香様 主催
http://kyoiku-kakehashi170821.peatix.com/

【 水の都「松江市」から東京へ】

【 水の都「松江市」から東京へ】
昨日、出雲大社に御縁の感謝を伝え、
今から東京へ戻ります(*^^*)
おかげさまで、全ての仕事の日程も
無事終わり、観光も楽しませていただきました。
島根は本当に美しく素晴らしいところ。
いろんな神社に参拝させていただきました!
Kazuko Fujiiさん、島根の皆さん、
本当にお世話になりましたm(_ _)m

「なんて美しい街なんでしょう!!」

「なんて美しい街なんでしょう!!」

島根県松江市に来てから、
このセリフを
何回言ったかわかりません(*^^*)
。。。。。。
昨日は、講演会の会場から近い、
国宝『松江城』をご案内いただいてから
「伝わるイラスト思考☆出発記念講演会」
でした☆
今日は朝から、
「まんが教育☆親子ワークショップ」!!
参加者の皆さんと濃密な時間を過ごします。